Life 学校

テスト勉強のやる気がでない人必見!無理をせずにやる気を出す方法

教科書で顔を隠す女性

  • テスト勉強のやる気出ない
  •  

 

このような問題を解決します。

 

みなさんこんにちは。UD(@ud_34m)です。

 

まず、勉強ってつまらないですよね。僕はそう思ってました。

前提として好きなことって続けられると思うんですが、勉強はつまらないので好きではなく続けられなかったんですね。また、大半の人も勉強は好きではないと思います。

逆に勉強が好きで続けられるという人は、今回の記事はあまり読まなくていいかもしれません笑

今回は、同じように勉強があまり好きではない・続かない人に向けて、どうにかやる気を出し勉強を続けてこれた方法を紹介します!

この記事は、

  • 勉強があまり好きではない
  • 勉強のやる気がでない
  • 集中力が続かない

という方におすすめです。

テスト勉強のやる気を出す方法

テスト勉強のやる気を出して勉強に取り組むには方法が2つあります。

それは、

  1. テスト勉強へ意欲を上げ、自主的に取り組む
  2. テスト勉強をしなかった未来を考える

のどちらかです。

①のどうにかやる気を出して自主的に勉強に取り組むというのが一般的だと思いますが、僕は②のテスト勉強をしなかった場合どうなるのか未来を考えるというのを個人的にオススメします。

1.テスト勉強への意欲を上げ、自主的に取り組む

1つ目の方法は王道パターンです。

テスト勉強のやる気を出したいということは、現在は「やる気がない」ということになりますよね。

今回の記事の本題である、「やる気を出す」、「意欲をあげる」にはやる気がでない原因をなくす必要があります。

原因は以下にまとめておりますので、そちらをご覧ください。

2.テスト勉強をしなかった未来を考える

2つ目は、今回僕が個人的にオススメしたい方法です。

現在、この記事を読んでいる皆さんは「テスト勉強へのやる気がない」という方々だと思います。(原因についてはまた、以下を確認ください)

では、仮に今回皆さんはテスト勉強をサボったとします。

そうなるとどうなるでしょうか。

いい点数が取れない

まず、テスト勉強を怠ったということは、テスト本番ではいい点数を取ることは難しいですよね。余程、普段の授業でテスト範囲を理解しない限りは、ノー勉で80点以上を取るのは難しいですよね。

成績が悪くなる

テストでいい点数が取れなかったということは、もちろん評定(成績)が悪くなります。成績が悪くなってしまうと卒業後の進路に関わってきます。

現在、中学生の場合は高校受験に、
高校生の場合は大学受験就職活動に、
大学生の場合は就職活動に大きく関わってしまいます。

今は、先のことなので深く考えることは出来ないかもしれませんが、気付いた時にはもう手遅れです。評定はこれまでのテストや授業態度、提出物の提出度等の積み重ねなので、ラスト2、3回のテストを頑張ったところで意味がありません。

 

[ad01]

テスト勉強はなぜやる気がでないのか

冒頭でもお話ししましたが、やる気がでない1番の原因は好きじゃないからです。

では、勉強を好きになれば問題解決するのでは?と思う人もいるかもしれませんが、それで解決するのなら、とっくに解決してますよね笑

ゲームが好きな人なら4時間とか続けられると思いますし、漫画が好きな人なら4冊も5冊も続けて読むことができると思います。

ですので、勉強は好きにならなくて大丈夫です。

僕も、勉強を好きにならずになんとか乗り越える事が出来ました。

ここで、いくつか思い当たるやる気がでない原因をまとめていきます。

やる気がでない原因1:眠い

テスト勉強にかかわらず、眠いと何に対しても行動意欲が湧かず、やる気がでないですよね。眠いと感じてしまう原因は簡単で、「睡眠時間が足りていないから」です。睡眠時間に関しては、「寝る前にスマホを使わない」や「寝る時間を決める」など、対処法を決め自己管理しましょう。

[jin-iconbox02]寝たくても寝れないという方は、アイマスクなどを使用するのもおすすめです。[/jin-iconbox02]

やる気がでない原因2:集中が続かない

テスト勉強のやる気がでない人の中には、勉強を1時間・2時間取り組んだ上で、やる気がでなくなってしまった人もいると思います。人間は一つの物事に対して集中が続くのが約45分と言われています。テスト期間で、いくら勉強をしなくてはいけなくても休憩や息抜きはしっかりとりましょう。

[jin-iconbox02]集中できないまま勉強に取り組んでも、暗記や課題の進み具合に悪影響を及ぼしてしまいます。[/jin-iconbox02]

やる気がでない原因3:難易度が高すぎる

やる気がでなくなってしまう原因の1つとして、問題が難しすぎる場合があります。わからない問題にいくら取り組んだところで、問題を解くことはできないですよね。その場合は、教科書やワーク等で確認したり、先生や友人・親などに聞いたりして問題の解き方について教えてもらいましょう。

[jin-iconbox02]10分間、自分1人で考えても解けない問題はそれ以上考えても解ける可能性は低いので潔く周りに確認しましょう[/jin-iconbox02]

やる気がでない原因4:悩み・やりたいことがある

悩んでいる事がある場合、勉強に取り組んでも頭に悩みがよぎってしまい、勉強に集中できなくなってしまう事があると思います。そんな時は、勉強するよりも先に悩みの解決を優先的にし、スッキリした気持ちで勉強に取り組みましょう。

[jin-iconbox02]悩みが現在、いくら考えても解決出来ないものなのであれば、気持ちを切り替えて勉強に取り組むしかありません。[/jin-iconbox02]

まとめ:テスト勉強のやる気がでなくともやるべき

ここまで、やる気がでない場合の対処法とその原因についてまとめてきました。

僕の個人的な考えは「2.テスト勉強をしなかった未来を考える」なのですが、皆さんはどちらになりますでしょうか。

成績が悪いとその時は特に気にしていなくても、自分の人生に深く影響を与えてしまうので、「後悔した時にはもう遅い」のようなことになりかねてしまいます。

ただ、やりたいことがあるのであれば、無理してやるのも違うと思っています。

なぜなら、集中力が続かないからです。

僕はゲームが好きなのすが、テスト勉強の息抜きとしてゲームをやることを選びました。

そんな僕が、テスト期間にゲームを捨てることなくテストで約65点(評定4)を取ることが出来た方法について以下の記事でまとめていますのでよかったら読んでください。

テスト前日だけどゲームがしたい!実はゲームをやっても大丈夫な2つの理由

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Life, 学校

© 2020 ジブンナビ