転職

第二新卒に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ4選【未経験OK】

第二新卒に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ4選【未経験OK】

  • 第二新卒だけど転職したい!
  • 第二新卒で未経験でだけど転職できるの?
  • 第二新卒におすすめの転職サイトが知りたい!

 

このような悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 第二新卒が転職するなら転職エージェントを使うべき3つの理由
  • 第二新卒に強いおすすめの転職エージェント・転職サイト4選
  • 【第二新卒】失敗しない転職エージェントの使い方
  • 【チャンス】企業は第二新卒のあなたを求めている

 

みなさんこんにちは。UD(@ud_34m)です。

 

新卒で入って会社を1〜2年ほどで辞めたいけど、次の会社に転職できるか不安だし転職の仕方がわからないという方が多いと思います。

 

結論から言うと、第二新卒で知識0でも完全未経験の業界への転職は可能です。

 

本記事では、実際に転職エージェントを利用して転職した経験を交えながらおすすめの転職エージェントを徹底的に比較します。

 

本記事の信頼性

僕は実際に新卒で入社した会社を8ヶ月で退職し、本記事で紹介する複数の転職サイト・転職エージェントを利用して転職することができました。

 

本記事を読み終えれば、第二新卒のあなたでも転職できる確率がグッとあがりますよ。

 

UD

転職をしようか迷っている第二新卒の方はぜひ読んでください。

 

 

第二新卒が転職するなら転職エージェントを使うべき3つの理由

第二新卒が転職するなら転職エージェントを使うべき3つの理由

第二新卒の方は転職するなら転職エージェントを使うべきです。理由は3つあります。

 

3つの理由

  • 非公開求人に応募できる
  • 円滑に退職できる
  • 面接・書類の書き方等のサポートをしてくれる

 

順番に解説します。

 

転職エージェントを使うべき理由①非公開求人に応募できる

 

1つ目は「非公開求人」に応募できることです。

 

非公開求人とは

一般の求人サイトには載っておらず、転職エージェントでしか求人に応募できない求人。

 

求人サイトに一般公開されている求人よりも、「非公開求人」の方が条件が良い求人が多いです。

 

ですが「非公開求人」は転職エージェントからしか応募することができないので、条件の良い求人に応募したい場合は転職エージェントを使う以外選択肢はありませんね

 

転職エージェントを使うべき理由②円滑に退職できる

 

転職エージェントを利用すれば、今働いていている職場を円滑に退職することができます。

 

第二新卒で転職するほとんどの方が初めての転職なので、退職日のズレやや引き止めにあってしまって迷ってしまうなど、様々なトラブルにあいかねません。

 

「退職」は次の職場に入社するために必ず必要なので、トラブルに巻き込まれないためにも転職エージェントを上手く活用しましょう。

 

UD

仮にトラブルに巻き込まれてしまった場合でも、的確なアドバイスをくれるので安心して転職活動をすることができます!

 

転職エージェントを使うべき理由③面接・書類の書き方等のサポートをしてくれる

 

転職エージェントは、内定につながりやすい応募書類の書き方や面接のサポートをしてくれます。

 

第二新卒は初めての転職の方が多いので、転職することが不安な人も多いはず。

 

転職エージェントは転職のプロなので、必要な手続き全てのサポートをしてくれるので安心して転職活動できます。

 

UD

また、エージェントは給与交渉もしてくれるので、今よりも給与アップすることができますよ。

 

第二新卒に強いおすすめの転職エージェント・転職サイト4選

第二新卒に強いおすすめの転職エージェント・転職サイト4選

第二新卒で転職するなら下記の4つがおすすめです。

 

おすすめ5選

 

第二新卒で転職するなら、 20代に特化した転職エージェントに登録すればOK。

 

リクルートエージェントは第二新卒向けに限らず、様々な分野の求人が大量にあるので登録しておいた方が無難ですよ。

 

第二新卒に強いそれぞれの転職エージェントにも強みがあるので、簡単に特徴を解説します。

 

第二新卒におすすめのエージェント①ウズキャリ第二新卒

 

ウズキャリ第二新卒の特徴

  • 第二新卒の内定率86%
  • ブラック企業調査に力を入れている
  • カウンセラー全員が元第二新卒

 

ウズキャリ第二新卒」は第二新卒に特化した転職エージェントです。

 

内定率が86%と非常に高いため、絶対に登録しておきべき転職エージェントの一つ。

 

「ウズキャリ第二新卒」は他社に比べて圧倒的に厳しい基準でブラック企業の求人を除外して紹介してくれます。

 

除外する基準

  • 社会保険完備の有無
  • 離職率の高い特定の業界・業種
  • 若手人材の成長にふさわしいか
  • ウズキャリから入社した人から悪い評価を受けた求人

上記の厳しい基準を通った求人のみ紹介してくれるので、ウズキャリから入社した方の定着率が93%を超えています。

 

UD

ブラック企業に転職する可能性がかなり低いので、あまり心配せずに転職活動を進められますよ。

 

\内定率86%・定着率92%/

ウズキャリア第二新卒公式サイト

ブラック企業を徹底排除

第二新卒におすすめのエージェント②DYM就職

IT業界におすすめのエージェント② DYM就職

DYM就職の特徴

  • 書類選考なし
  • 就職率96%超え
  • 面談箇所が全国にあるため地方にも強い

 

DYM就職」は第二新卒・既卒・フリーターに特化した転職エージェントです。

 

DYM就職は企業の社長や採用担当の方と直接交渉し、強いパイプを持っているので、書類選考なしで面接が可能なのが魅力の一つです。

 

書類選考で落とされてしまうことが多い方、書類選考に時間をかけたくない方は絶対に利用するべき登録エージェント。

 

UD

書類選考を省いて面接に挑めるので、内定を早めにもらいたい方には特におすすめです。

 

\書類選考なしで面接できる/

DYM就職卒公式サイト

就職率96%

第二新卒におすすめのエージェント③マイナビジョブ20's

第二新卒におすすめのエージェント③ マイナビジョブ20's

 

マイナビジョブの特徴

  • 大手マイナビが運営している
  • 全ての求人1,500件以上が20代対象
  • サポートが手厚い

 

マイナビジョブ20's」は20代・第二新卒・既卒に特化した転職エージェントです。

 

マイナビジョブ20'sで紹介されている求人の8割以上が「非公開求人」なので、マイナビでしか応募することのできない好条件の求人が多くあります。

 

また、大手マイナビが経営していることもあり、安心して使える転職エージェント。

 

UD

マイナビ以外では応募できない求人が多いので、今よりも好待遇の企業へ転職を考えているなら登録するべきですよ。

 

\大手マイナビが運営/

マイナビジョブ20's卒公式サイト

非公開求人80%以上

第二新卒におすすめのエージェント④リクルートエージェント

 第二新卒におすすめのエージェント④ リクルートエージェント

 

リクルートエージェントの特徴

  • 求人数業界No.1
  • 非公開求人が20万件以上
  • 拠点数が多く、地方の方でも利用でき

 

リクルートエージェント」は業界最大の転職エージェントです。

 

実は、クルートエージェントを利用して転職した方の6割以上が年収アップしています。

 

転職者の年収増減

引用:リクルートエージェント

 

転職後に年収アップした人の全国平均は約3割なので、単純計算でリクルートエージェントを使うと年収アップする可能性が平均の倍になります。

 

また、拠点数も全国で16ヶ所と非常に多いので、首都圏以外に住んでいる地方の方でも利用しやすいのが特徴です。

 

UD

大手リクルートグループが運営しているので、安心して利用できますよ

\内定率86%・定着率92%/

ウズキャリア第二新卒公式サイト

ブラック企業を徹底排除

\業界トップクラス/

リクルートエージェント公式サイト

6割以上が年収アップ

迷ったらまずはこの2社に登録しておけばOK

 

ここまで5つの転職エージェントを紹介しましたが、結局どれを利用すれば良いのか迷ってしまう方もいると思います。

 

基本的に全て並行して利用するのが1番良いですが、管理しづらいから転職エージェント絞って転職活動をしたい方もいるはず。

 

迷ってしまう方は、20代の求人に特化した「ウズキャリ第二新卒」と、業界トップクラスで強い「リクルートエージェント」に登録しておけば間違いありません。

 

迷ったらこれ!

 

【第二新卒】失敗しない転職エージェントの使い方3つ

【第二新卒】失敗しない転職エージェントの使い方3つ

効率よく転職活動を進め、転職に失敗しないためにも転職エージェントを上手く使う必要があります。

 

実際に第二新卒として転職エージェントを利用して転職した僕が、転職エージェントを使う際のポイントを解説します。

 

失敗しない3つの方法

  • 複数の転職エージェントに登録する
  • 複数の転職エージェントを利用していることを正直に言う

 

使い方①:複数の転職エージェントに登録する

 

転職エージェントを使う際は、なるべく複数の転職エージェントに登録して転職活動を進めた方が良いです。

 

なぜなら、それぞれの転職エージェントで扱っている「非公開求人」が違うから。

 

非公開求人とはその転職エージェントでしか求人に応募できず、他社では見ることすらできない求人のことです。

 

複数登録することで応募できる求人の幅も広がりますし、エージェント別に比較もできます。

 

UD

3〜4社の転職エージェントに登録して使うのがおすすめですよ。

 

使い方2:複数の転職エージェントを利用していることを正直に言う

 

転職エージェントを利用している場合は、必ず複数利用していることを伝えましょう。

 

エージェントも自分が受け持った転職希望者に内定を取らせるのが仕事なので、なんとかして内定を取らせて自分の実績を残したいのが本音です。

 

なので、担当者に他の転職エージェントも利用していることを伝えると、他社に取られないようにサポートが手厚くなります。

 

また、実際に僕も複数の転職エージェントを利用していることを伝えましたが、対応が明らかに変わりました(笑)

 

UD

自分にあった求人を見つけるためにも、複数利用していることを伝えた方が良いですね!

 

【チャンス】企業は第二新卒のあなたを求めている

【チャンス】企業は第二新卒のあなたを求めている

現在、企業は「第二新卒」を求めているので需要がとても高い。

 

2016年にマイナビが実施した中途採用状況調査によると、60%以上の企業が第二新卒を積極的に採用したいと答えています。

マイナビ中途採用状況調査

引用:マイナビ転職

 

理由は単純に人手不足だからです。

 

生労働省の調べによると、新卒の30%以上が3年以内に辞めてしまうので企業は若手人材の確保に困っているわけですね。

参考:新規学卒就職者の離職状況

 

新卒で入った会社が「思っていた仕事と違かった」、「自分には向いていなかった」なんてよくある話です。

 

「第二新卒」の需要は高まるばかりなので、企業が求めているうちが転職を成功させるチャンスと言えますね。

 

まとめ:第二新卒で転職するなら転職エージェントを使おう

まとめ:第二新卒で転職するなら転職エージェントを使おう

 

新卒で初めて入社する会社は正直、運要素がとても強いです。

 

一度も社会人を経験していないのに、初めて入る会社での社会人生活が上手くいくなんてわからなくて当たり前。

 

社会人を経験したからこそ、次の企業に求める条件やりたいことやりたくないことがはっきりわかると思います。

 

転職エージェントを使わなくても自力で転職することは可能ですが、今よりも良い待遇の求人を探したい、効率よく転職活動を進めたいと言うならば転職エージェントを使うほかないでしょう。

 

どのエージェントも5分ほどで無料で登録できるので、IT業界への転職に興味がある方はぜひ登録して相談してみましょう。

 

おすすめ5選

 

人気記事IT業界に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ5選【未経験OK】

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-転職

© 2020 ジブンナビ