仕事の悩み

嫌いな上司を無視するとデメリットしかない件【後悔するのはアナタ】

2020年7月3日

嫌いな上司を無視するとデメリットしかない件【後悔するのはアナタ】

  • どうしても嫌いな上司がいる
  • 上司と話したくない
  • 上司を無視しようと思っている 

 

このような悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 嫌いな上司を無視してはいけないたった1つの理由 
  • 職場で嫌われる・無視される上司の特徴
  • 嫌いな上司を無視せずに上手に付き合う方法
  • 「無視」以外の嫌いな上司にしてはいけないNG行為

 

みなさんこんにちは。UD(@ud_34m)です。

 

嫌いな上司と関わるのって本当に嫌ですよね。

理不尽な命令やパワハラ・セクハラなど様々な理由から上司を嫌いになってしまうはず。

 

結論から言うと、どんなに上司が嫌いでも無視だけはいけません。

 

本記事では、嫌いな上司を無視してはいけないたった1つの理由と嫌いな上司を無視せずに上手に付き合う方法などについて解説します。

 

本記事を読めば、職場でのストレスを軽減して嫌いな上司と上手に付き合えるようになりますよ。

 

嫌いな上司を無視してはいけないたった1つの理由 

嫌いな上司を無視してはいけないたった1つの理由 

 

結論、すべて自分に返ってくるからです。

 

ひと時の感情に流されて無視をすると、陰口や嫌がらせ、あなただけめんどくさい仕事を任されたりだってあり得ます。

 

未来の自分がさらに嫌な思いをしないためにも、上司を無視するとデメリットしかないのは明確ですね。

 

仮に嫌いな上司を無視したとする

あなたが友人や知り合いにに話しかけた際、無視されたらイラッとしますよね?

上司も同じです。

 

上司「〇〇君、この仕事手伝ってくれる?」

あなた「...」

上司「(なんで反応しないんだこいつ💢)」

 

上記の通りです。

どんなにあなたが上司を嫌いでも、無視をしていい理由にはなりません。

 

待っているのはストレスのみ

無視された上司があなたに対して恨みを晴らすため仕返しをしてくる可能性も十分あり得ます。

上司も人間なので、やられっぱなしでは気分がよくありません。

 

  • めんどくさい仕事を任される
  • 他の人と比べて明らかに作業ノルマが多い
  • 陰口やよくない評判を広められる
  • 給料が上がらない

 

例えばこのあたり。

そして全ての共通することは「自分にデメリットしかない」ということですね。

 

無視しただけでそんなに?と思う人もいるかもしれませんが、仕返しの度合いを決めるのはあなたではなく上司です。

あなたが普段どんなに真面目に働いていたとしても、上司に「不真面目な人」と評価されれば、減給や残業代削減待った無し。

 

職場で嫌われる・無視される上司の特徴

職場で嫌われる・無視される上司の特徴

 

職場で周りに嫌われる人に多い特徴は以下の通り。

 

嫌われる上司の特徴

  • 理不尽な指示が多い
  • 仕事ができない
  • 無責任
  • 自己中心的
  • 感情的になる

 

順番に解説します。

 

特徴①:理不尽な指示が多い

上司は部下に指示をする立場です。

その立場を悪用して筋の通らない指示をされると当然部下は不満を持ちます。

 

例えば、「先にこの資料をコピーしてほしい」と指示されていたとしても、次に会ったときには「そんな指示をしていない」と意見を180度変えてくることがあります。

 

指示に従わなければいけない部下としては、その都度振り回されるとなるのでたまったものではありませんね。

 

特徴②:仕事ができない

役職を持った上司であっても、仕事ができるとは限りません。

なぜなら、年功序列のルールによって仕事ができないにもかかわらず出世してしまったパターンもあるからです。

 

年功序列とは

勤続年数や年齢などの要素を重視して雇用者の役職や賃金を決める人事制度のこと。

 

上記の制度で出世した人間は能力が評価されて役職を得たわけではないので実力が伴わないことが多く、効率の悪い指示をしたり、間違った指示を出したりして部下を苦しめます。

 

特徴③:無責任

上司は部下が失敗をしたときに責任をとる立場です。

例えば下記です。

 

  • 現場が忙しいのに「飲み会があるから帰る」と言って帰った。
  • 仕事がわからない方聞いたのに、適当でいいよと言われた。
  • 自分のミスを部下の失敗にした。
  • クレームの電話があったとき、上司はいないと言うように言われた。

 

このような行動をとる上司は職場内にトラブルが起きた際、責任を部下になすりつけたり、部下の失敗の後始末から逃げたりします。

なぜなら、他人はどうなっても良いと考えているからです。

 

特徴④:自己中心的

上司は周りの状況を把握し進捗状況を管理しなければいけません。

 

すべての判断基準が「自分が中心」なため、周りへの迷惑を考えていないのです。

自分中心の考え方で判断するのはもってのほか。

 

なので、部下の気持ちを考えず「この仕事やっといて」「俺のやり方が正しい」などと言って、部下に迷惑をかけることが多いです。

 

上記のような対応をする上司が部下に嫌われるのは当たり前ですよね。

 

特徴⑤:感情的になる

感情的とは、トラブルや自分に不都合なことが起きたとき、すぐに怒鳴って解決しようとする上司のことです。

例えば下記の通り。

 

  • 「何やってんだ!」
  • 「何度も同じミスをするな!」
  • 「手を抜くな!気が緩んでいるんじゃないか?」

 

このタイプの上司は怒れば解決すると思っていますが、怒鳴って解決することなんてありません。

なぜなら、「なぜそのミスをしてしまったのか」と言う原因がわからなければまた同じミスをしてしまうからです。

 

嫌いな上司を無視せずに上手に付き合う方法

嫌いな上司を無視せずに上手に付き合う方法

 

嫌いな上司を無視せずに上手に付き合う方法は下記の通り。

 

上手に付き合う方法

  • 上司に絡みまくる
  • できるだけ自分からは関わらない
  • すべて受け流す
  • 無理なら転職もあり

 

順番に解説します。

 

方法①:上司に絡みまくる

あなたが上司を嫌っているということは、反対に上司側もあなたを良く想っていない可能性も高いです。

 

嫌われているからあなたがイラッとする接し方をするわけなので、上司に絡みまくって好かれれば上司の態度は180度変わるでしょう。

 

絡みまくる方法は簡単です。

仕事の報告をする機会を増やせばいいだけ。中身は重要ではありません。

 

UD

報告する際に一言だけ世間話を絡めると尚良いですね。

 

方法②:できるだけ自分からは関わらない

上司と上手く付き合うためにも、できるだけ関わらないというのも得策です。

 

とはいえ、無視だけはいけません。

あなた1人でも業務ができるようになれば、上司に聞きに行く必要もなくなり関わる機会を最低限に抑えられますよね。

 

上司と関わる機会が減れば、必然的に上司とのトラブルが起きる可能性も下がりますよね。

 

方法③:すべて受け流す

あなたがどんなに上司に良い態度をとっても、根本的に上司の性格に問題がある場合は態度は変わらないと思った方が無難です。

なぜなら、社会人生活でつくられた上司の仕事の価値観はなかなか変わらないからです。

 

例えば下記の通り。

 

  • すぐに感情的になる人に育てられた
  • 自己中な上司に理不尽な指示を受けていた
  • そもそも部下に興味がない

 

このような上司は、自分が受けた仕打ちを部下に八つ当たりしている可能性が高いです。

こればかりはどうしようもありません。

 

UD

下手に抵抗して言い合いになるくらいなら、全部スルーした方がトラブルを回避できますよ。

 

方法④:無理なら転職もあり

ここまでスルーや上司からのあなたの評価を改善する方法を紹介しましたが、それでも上司の態度に我慢できない人もいると思います。

 

単刀直入にいいますが、我慢できないのなら転職するのもありかと。

なぜなら、うつ病になってからでは遅いからです。

 

新卒で仕事を辞めたいのはうつ病?甘え?鬱になりやすい環境と対処法4つという記事でも解説しましたが、うつ病になると社会復帰が困難になる可能性が高いです。

 

世の中は我慢するべきというの風潮がありますが、我慢したすえに体調を崩したり、ストレスで病んでしまったりしても、待っているのは「自己責任」という言葉のみ。

あなたの人生に他の人が口を出す権利はないので、無理するのだけはいけませんよ。

 

転職の際にオススメの転職エージェントは下記の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

関連記事
IT業界に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ5選【未経験OK】
IT業界に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ5選【未経験OK】

続きを見る

関連記事
第二新卒に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ4選【未経験OK】
第二新卒に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ4選【未経験OK】

続きを見る

 

「無視」以外の嫌いな上司にしてはいけないNG行為

「無視」以外の嫌いな上司にしてはいけないNG行為

 

嫌いな上司は皆さんそれぞれいると思いますが、「無視」以外にもしてはいけないNG行為があります。

例えば下記の通り。

 

「無視」以外のNG行為

  • 社内の人に愚痴る
  • SNSに上司に対する愚痴を投稿する
  • 上司に嫌がらせする
  • 表情にあからさまに出す

 

どの行為も最終的には「正当な評価をされない」「昇進できず、給料が上がらない」といった自分に不利な結果をもたらします。

上司を嫌いになるのは構わないですが、口に出すのと出さないのでは全然違いますよ。

 

まとめ:損したくないなら嫌いな上司を無視しない方が良い

まとめ:存したくないなら嫌いな上司を無視しない方が良い

 

以上、嫌いな上司を無視してはいけないたった1つの理由でした。

 

嫌われる上司の特徴

  • 理不尽な指示が多い
  • 仕事ができない
  • 無責任
  • 自己中心的
  • 感情的になる

 

上手に付き合う方法

  • 上司に絡みまくる
  • できるだけ自分からは関わらない
  • すべて受け流す
  • 無理なら転職もあり

 

嫌いな上司に関わるのが嫌と感じる人もいるかもしれませんが、すべて自分に返ってくるので損したくなければ無視だけはいけません。

 

とはいえ、パワハラやセクハラが原因で我慢できない人もいますよね。

そんな人は無理せずに職場を変えても全然良いと思います。

 

会社は選べても上司は選べませんので。

 

人気記事IT業界に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ5選【未経験OK】

人気記事第二新卒に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ4選【未経験OK】

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-仕事の悩み

© 2020 ジブンナビ