仕事の悩み

仕事が嫌いな人ほど仕事ができるのはなぜ?【できる人に共通する特徴】

仕事が嫌いな人ほど仕事ができるのはなぜ?【できる人に共通する特徴】

  • 仕事が嫌いで仕方がない
  • 仕事が嫌いなのに仕事がデキる同期がいる
  • 仕事が嫌いなのになんで仕事ができるの?

 

このような疑問を解決します。

 

本記事の内容

  • 仕事が嫌いな人ほど仕事ができるのは本当?
  • 仕事が嫌いな人ほど仕事ができる理由
  • 「仕事ができる」仕事が嫌いな人の特徴
  • 仕事が嫌いな人ほど仕事ができるが「嫌われる可能性」がある

 

みなさんこんにちは。UD(@ud_34m)です。

 

自分の方がやる気があるのに「仕事が嫌いなあの人の方がなんで仕事ができるの?」と思ったことはありませんか?

 

結論から言うと、「やる気があるひと」より仕事が嫌いな人の方が仕事ができる傾向があります。

 

本記事では、仕事が嫌いな人ほど仕事ができる理由と仕事が嫌いな人の特徴を解説します。

 

本記事を読んで仕事が嫌いな人の特徴を知ることで、仕事が嫌いなのに仕事がなぜできるのか、「理由」を知ることができますよん。

 

仕事が嫌いな人ほど仕事ができるのは本当?

仕事が嫌いな人ほど仕事ができるのは本当?

 

「やる気がある人」よりも「仕事が嫌いな人」の方が仕事ができる傾向にあります。

 

なぜなら、仕事が嫌いな人は「やる気がある」という演技する必要がないほど、余裕があるからです。

 

UD

やる気がある人は、以下のような理由で仕事を頑張ってますアピールをしています。

 

  • 上司からの評価を上げる為
  • 給料を少しでも多くもらう為
  • 周りから浮かない為
  • 会社での居心地を保つ為

 

「仕事ができる人」は上記のようなアピールをしなくとも、自分の居場所を確保できるくらい自分に余裕があるといえます。

 

つまり、「仕事が嫌いな人は仕事ができる」と言うよりも「やる気があるアピールをする必要がない人は、元々仕事ができるということです。

 

「仕事が嫌い」かつ「仕事ができない人」は職場にいること自体が苦痛のため、早い段階で転職していることが多いはず。

 

なので、「仕事が嫌い」かつやる気があるアピールをする必要がない人ほど仕事を辞めず残っており、仕事ができる仕事が嫌いな人が目立って見えると言うことになりますね。

 

仕事が嫌いな人ほど仕事ができる理由

仕事が嫌いな人ほど仕事ができる理由

 

仕事が嫌いな人ほど仕事ができる理由をさらに具体的に解説していきます。

理由は5つあります。

 

仕事が嫌いな人ほど仕事ができる理由

  • やりがいを感じないから
  • 割り切っているから
  • 毎日同じことの繰り返しだから
  • 自信がある
  • そもそも仕事が嫌いなふりをしている

 

順番に解説します。

 

理由①:やりがいを感じないから

仕事が嫌いな人ほど「やりがいを感じていない」可能性が高いです。

 

なぜなら、仕事が簡単すぎて達成感を感じないから。

 

UD

仕事ができる人ほど、モチベーションを維持できず嫌いになってしまうと言うことですね。

 

理由②:割り切っているから

仕事が嫌いな人は「プライベート」と「仕事」をはっきり分けている人が多いです。

 

仕事が嫌いでも、仕事をしないとプライベートを充実させるための『お金』が稼げないからと割り切って考えているからです。

 

UD

だからこそ仕事が嫌いでも仕事をこなすのが得意な「できる人」が多いんですね。

 

理由③:毎日同じことの繰り返しだから

たとえ仕事が嫌いでも、仕事をこなすことで業務にも慣れ「効率的・正確」に仕事ができるようになります。

 

しかし、仕事ができるようになって毎日同じことの繰り返しだと、仕事に新鮮さを感じることができず「仕事」自体に飽きてしまい嫌いになってしまいますよね。

 

UD

仕事ができる人にはできる人なりの悩みがあるということですね

 

理由④:自信がある

そもそも、仕事が嫌いだと言っている先輩が本当は仕事が嫌いでないケースもあります。

 

なぜなら、仕事に余裕を持って取り組めているからこそ、

  • このくらい言っても大丈夫だろ
  • 嫌いだけどできる俺かっこいい

などと、思ってしまい発言してしまうからです。

 

その人がどっちの意味を込めて言っているかはわかりませんが、仕事ができる自信があるからこそ「仕事が嫌い」と周りに威張れるということですね。

 

UD

「仕事が嫌い」と言ってる人が本当に嫌いなのかは本人にしか分からないですよ。

 

理由⑤:そもそも仕事が嫌いなふりをしている

「仕事ができる」と言うのは良いことばかりではなく、仕事ができる人周りからは職場で浮いてしまうことがあります。

できる人は必然的に目立ってしまうので、周りのできない人に嫉妬されがち。

 

あえて「仕事が嫌い」と公言しておくことで仕事が周りより自分が「できる人」だったとしても、できない人側からすると親近感を持ちやすいです。

 

なので、職場での人間関係を悪くしないためにも大げさに仕事が嫌いであると発言して、職場で浮かないようにしていると言うことですね。

 

UD

真面目すぎる人はいじめの対象になるかもしれないので、「仕事ができる人」なりの事前の対策なのでしょう。

 

「仕事ができる」仕事が嫌いな人の特徴

「仕事ができる」仕事が嫌いな人の特徴

 

仕事が嫌いな人は以下のような特徴が見られます。

 

仕事が嫌いな人に見られる特徴

  • 休日出勤は必ず断る
  • 残業は絶対しない
  • 仕事中以外は仕事の話を一切しない

 

順番に解説します。

 

特徴①:休日出勤は必ず断る

会社によっては納期が迫ったり等の仕事の都合で休日出勤しなければいけない仕事もあると思います。

 

ですが、仕事が嫌いな人はプライベートを1番に考える人が多いため、土日祝などの休日に「休日出勤」させられることを断るはず。

 

また、あくまでも仕事は嫌いなので、以下のように必要以上に仕事をしないようにスケジュール管理を徹底できるのが仕事が嫌いな人の特徴の一つですね。

 

仕事が嫌いな人の日常

  1. 休日出勤したくないから仕事を予定どうり終わらせるために頑張る
  2. 休日しっかり休む
  3. 次の週も休日出勤したくないから予定通りに仕事を終わらせる
  4. また1から繰り返し

 

特徴②:残業は絶対しない

一日の仕事の進む具合によって、1時間残業しなければいけなかったり、3時間残業しなければいけないことも社会人にはよくあることですよね。

 

ただ、仕事が嫌いな人は極力早く家に帰りたいと言う思いが強いはずなので、以下のような式が成り立ちます。

 

残業がしたくないので定時内にしっかり仕事を終わらせるように頑張る=仕事ができる

 

会社側としても仕事をきちんとこなせるのであれば、業務態度以外は特に文句はないはず。

 

特徴③:仕事中以外は仕事の話を一切しない

仕事が嫌いな人は「仕事中以外は仕事の話を一切しない」というわかりやすい特徴があります。

 

例を挙げると、昼休みにランチに行った際に仕事の話を同僚がしようとすると嫌な顔になったり、「仕事の話はやめよ」と言ってきたりするでしょう。

 

ただし、会話を遮ることになったりして場の雰囲気が悪くなることは間違いなし。

 

仕事ができる人は上記のことを理解しているため、昼休みはできるだけ一人で過ごしたいと思う人が多いでしょう。

 

UD

仕事が嫌いな人は切り替えがしっかりできる人とも言えますね。

 

まとめ:仕事が嫌いな人ほど仕事ができる

まとめ:仕事が嫌いな人ほど仕事ができる

 

以上、仕事が嫌いな人ほど仕事ができる理由と仕事が嫌いな人の特徴でした。

 

仕事が嫌いな人ほど仕事ができる理由

  • やりがいを感じないから
  • 割り切っているから
  • 毎日同じことの繰り返しだから
  • 自信がある
  • そもそも仕事が嫌いなふりをしている

 

仕事が嫌いな人に見られる特徴

  • 休日出勤は必ず断る
  • 残業は絶対しない
  • 仕事中以外は仕事の話を一切しない

 

仕事が嫌いな人は極力仕事に時間を費やしたくないので、決められた量だけをしっかり定時内にこなすため、「仕事が嫌いな人=仕事ができる人」になるわけです。

 

仕事が嫌いな本人があえて周りと距離を取ろうとしている場合もあるので、もしあなたの同僚に仕事が嫌いなオーラ全開な人がいたら距離を置くことをオススメします。

 

逆に仕事が好きなのに周りから嫉妬で嫌われると言う方は「転職」を考えてみるのも良いかもしれません。

 

下記の転職エージェントは全て5分ほどで登録できるので、職場側に問題があると感じるのであれば、手遅れになる前に一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ5選

 

人気記事IT業界に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ5選【未経験OK】

人気記事第二新卒に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ4選【未経験OK】

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-仕事の悩み

© 2020 ジブンナビ