仕事の悩み

職場の嫌がらせ・いじめに仕返しする方法 !【合法での復讐】

職場の嫌がらせ・いじめに仕返しする方法 !【合法での復讐】

  • 職場で嫌がらせをされていて困っている
  • どうにかいじめてくる人に復讐したい
  •  なぜ「嫌がらせ」をしてくるの?

 

このような悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • そもそも職場での嫌がらせに仕返しをしても良いのか
  • 職場で嫌がらせしてくる人の心理
  • 職場での嫌がらせに仕返しする方法
  • 職場での嫌がらせを復讐する際の注意点

 

みなさんこんにちは。UD(@ud_34m)です。

 

職場で嫌がらせをしてくる人がいると、仕事のやる気は無くなりますし、場合によっては仕返しをしたくなるくらいしつこい嫌がらせもありますよね。

正直、「社会人になってまでそんな時間の無駄なことするの?」とイラッとする方が多いかもしれません。

 

結論から言うと、悪質な嫌がらせに対して仕返しをわざわざするくらいなら、新しい職場でもっといいお給料をもらって見下す方が何倍もおすすめです。

 

本記事では、職場で嫌がらせをしてくる人の心理とその対処法について解説します。

 

本記事を読めば、嫌がらせをしてくる人に最高の仕返し・復讐ができますよ。

 

そもそも職場での嫌がらせに仕返しをしても良いのか

そもそも職場での嫌がらせに仕返しをしても良いのか

 

職場で悪質な嫌がらせをしてくる人にどうしても仕返しがしたい!

と思っても、実際は下記のようなループにはまってしまい、不安になって我慢してしまう人が多いはず。

嫌がらせをされる

イライラする!仕返ししたい!

「やり返すのっやっぱり子供かな」

「仕返しする方法がわからない...」

よし、我慢しよう。

後日、また嫌がらせされる

 

嫌がらせをされた時は「やられたらやり返す」というのがやはり1番かと。

ただ、相手と同じやり方で仕返しするのではあまり意味がありません。

 

UD

自分に最大限メリットがある方法で嫌がらせをしてきた人を見返してやりましょう。

 

職場で嫌がらせしてくる人の心理

職場で嫌がらせしてくる人の心理

 

職場で嫌がらせしてくる人の心理は以下の2通りです。

 

嫌がらせしてくる人の心理

  1. 自分に自信がない
  2. あなたに嫉妬している

 

順番に解説します。

 

心理①:自分に自信がない

嫌がらせしてくる人は自分に自信がない場合が多いです。

 

自分に自信がない場合は、

  • 「自分の存在は周りのみんなに認めてもらえてるのかな」
  • 「本当のこの職場の役に立っているのかな」

と、常に不安に感じています。

 

つまり、他人に嫌がらせをすることで自分の存在を周りに認めてもらおうという訳です。

 

上記のような理由ではあなたに対して有意な立場になることはできますが、心の底から満たされるわけではないので何度も嫌がらせを繰り返してしまいます。

 

心理②:あなたに嫉妬している

嫌がらせしてくる人はあなたに嫉妬している場合も多いです。

 

なぜなら、現状に満足している人が他人に対して嫌がらせをしたり、攻撃することはほとんどないからです。

 

例えば、あなたは「可愛い彼女がいる仕事ができる周りから慕われている人間」だとします。

 

そうすると、あなたに対して嫉妬をしているAさんは、

  • 「俺の方が仕事ができるのになぜあいつに可愛い彼女ができるんだ?」
  • 「何であいつばかり周りに慕われるんだ?」

と、感じてしまい「嫌がらせ」と言う行為をしてしまうことがあります。

 

つまり、あなたを攻撃することでコンプレックスという心の不安を取っ払おうという訳です。

 

職場での嫌がらせに仕返しする方法

職場での嫌がらせに仕返しする方法

 

職場での嫌がらせに仕返しする方法は2つあります。

 

方法

  • 証拠を押さえて報告
  • 転職して見返す

 

順番に解説します。

 

仕返しする方法①:証拠を押さえて報告

1つ目は、嫌がらせをされているのなら、上司や相談期間に「証拠」を押さえて報告するという方法です。

 

メールやLINEで嫌がらせの文章が送られてくるのならしっかり保管しておくことが大事です。

また、直接嫌がらせを言われるのならスマホやボイスレコーダーで録音しておきましょう。

 

証拠を残す際は、5W1Hを意識することが重要です。

5W1Hとは

Who(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)を指し示す言葉。

 

上記のポイントを意識してされた嫌がらせを日記として記録しておきましょう。

 

記録のポイント

  • 誰に嫌がらせされたか
  • いつ嫌がらせをされたか(日時)
  • どこで嫌がらせをされたか
  • どんな嫌がらせをされたか
  • 嫌がらせをされた原因は何か

 

UD

証拠がないと上司や相談期間に報告しても相手にされない可能性が高いので、しっかり記録を残しましょう。

 

仕返しする方法②:転職して見返す

2つ目は、転職して見返すという方法です。

 

職場で嫌がらせやいじめをしてくる人を見返したかったら、転職してその人よりももっと良い待遇の会社で働いて見下してやりましょう。

 

もしあなたが以下のような待遇の会社に転職したら、嫌がらせをしてきた人はどのように思うでしょうか?

  • 嫌がらせをしてきた人よりも給料が高い
  • 嫌がらせをしてきた人より休みが多い
  • 嫌がらせをしてきた人より大手のホワイト企業に転職

 

「あいつ転職で逃げたんだ、豆腐メンタルかよw」と口では言うかもしれませんが、本心では「羨ましい!!」と思うはず。

 

やられたらやり返すという精神も良いですが、嫌がらせしたことを後悔させる良いう仕返しがやはり一番の仕返しでしょう。

 

UD

やり返すよりも自分にメリットがあるので「逃げ」とは思わず、早めに転職するのもおすすめです。

 

職場での嫌がらせを復讐する際の注意点

職場での嫌がらせを復讐する際の注意点

 

ここまで2つの仕返しの方法を紹介しましたが、告発や転職して見返すという方法では納得できないという人もいるかもしれません。

 

上司や同僚に高圧的な態度、精神的ダメージを負うような悪口、無視をされてたまったストレスは、いじめを受けた本人にしかわかりません。

 

ですが、暴力で仕返しをすることだけは例え「仕返し」であってもあなたが加害者にされてしまう可能性があるので以下のような行為は注意する必要があります。

 

  • 相手に対して殴る・蹴るなどの暴力
  • 椅子やカッターなどの武器を使った暴力
  • バケツやコップで水などの液体をかける
  • ものを投げつける

 

ちなみにものを投げたり、水をかけたりした場合、たとえ相手に命中せず空振りだったとしても暴行罪として罪に問われるので注意が必要です。

 

暴行罪の詳細は以下のとおり。

暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。 (凶器準備集合及び結集)

引用:e-Gov刑法第二百八条 

 

どんなに嫌がらせが許せないからって暴力で仕返しするのは犯罪です。

最悪の場合は逮捕され、仕事のみならずあなたの人生そのものが壊されてしまう可能性だってあります。

 

UD

被害者から加害者に変わってをしないようにしましょう。

 

まとめ:職場での嫌がらせが止まらないなら転職もOK

まとめ:職場での嫌がらせが止まらないなら転職もOK

 

以上、職場で嫌がらせをしてくる人の心理とその対処法でした。

 

嫌がらせしてくる人の心理

  1. 自分に自信がない
  2. あなたに嫉妬している

 

方法

  • 証拠を押さえて報告
  • 転職して見返す

 

断言しますが、嫌がらせやいじめをしてをしてくる人100%悪いです。

ただ、「良い人が絶対に報われる」という世の中ではないのが現実です。

 

嫌がらせをしてくる人がいるなら、我慢して無駄な時間を使うより早めに転職して見下すべき。

 

下記の転職エージェントは全て5分ほどで登録できるので、待遇の良いホワイト企業の内定をもらって嫌がらせをしてくる奴を徹底的に見下してやりましょう

 

おすすめ5選

 

人気記事IT業界に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ5選【未経験OK】

人気記事第二新卒に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ4選【未経験OK】

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-仕事の悩み

© 2020 ジブンナビ